Pages

11 Sep 2013

EAST FINCHLEY METHODIST CHURCHでのイブニングコンサート

先日、歌手のViola da Cunhaさんが主催するイーストフィンチリーメソディスト教会でのコンサートに参加しました。演奏者は、Viola da Cunhaさん(メゾソプラノ)、Yuki Osedoさん(ピアノ)、Jill Andersonさん(クラリネット)、と我々ポケットペンギンでした。今回は、ファリャ、グラナドス、ロドリーゴのスペイン歌曲を、いくつかアレンジしたものをヴィオラさんと演奏しました。通常はピアノ(やギター)伴奏のみで歌われるこれらの曲ですが、沢山の方に、鍵盤ハーモニカを含む組み合わせが興味深いと言っていただけました。

演奏したプログラム:

マヌエル・デ・ファリャ:7つのスペイン民謡より5曲
ムーサ・ミルゾエフ:アゼルバイジャン民謡の素材による6つの小品
1.叙情的な曲 2.舞曲1番
エンリケ・ロドリゲス:El Majo Discreto & Amor y Odio(with Viola)
ホアキン・ロドリーゴ:De los Alamos vengo Madre (with Viola)
アシュク・ヴェイセル:Uzun Ince Bir yoldayım (with Viola)
ジョージ・ガーシュウィン:サマータイム(全員)

No comments:

Post a Comment