Pages

27 Jun 2013

トルコ、イズミールでのコンサート

ポケットペンギンは、トルコ、イズミル市でのコンサートと、プライベートパーティーでの演奏を終了し、ロンドンに戻ってきました。イズミルは、エーゲ海に面する、トルコで3番目に人口の多い近代的な大都市です。気温はロンドンの2−3倍、滞在中は雨どころか、ずっと雲一つない青空でした。

izmirpark izmirsea izmirtown
 .......

 performatconcert performatparty 

コンサート会場+パーティーの様子です。パーティーはエーゲ海の目の前にあるレストランの野外会場で行われました。そこから見える夕日がとても綺麗でした。 コンサートのプログラムは以下の通りです。

 パート1
  • J.S.バッハ: チェロ組曲三番、主よ人の望みの喜びよ
  • 小嵐龍輔: 夢のかけら
  • ジョン・ダウランド: Frog Galliard、A Piece without Title (名も無き作品)
  • 小嵐龍輔:異国の丘
パート2
  • 宮沢和史:島唄
  • 八橋検校:六段の調べ
  • アシュクヴェイセル:Kara Toprak、Uzun Ince Bir Yoldayım
  • W.A.モーツアルト:ピアノソナタ11番K331
  • 小嵐龍輔:Çok Güzeller (チョックギュゼレル)
今回もいくつか新しい曲がポケットペンギンのレパートリーに加わりました。Kara toprak, Uzun ince bir yoldayımはトルコの民謡、アシュクヴェイセルという、20世紀の盲目の吟遊詩人(アシュク)の作品で、おそらくトルコ人ならば誰でも知っている、そして私たちの特にお気に入りの曲です。Uzun~はパーティーでも弾きましたがとても喜んで頂けました。 2人共、トルコ—その文化、食べ物、音楽、言語等—には特別な関心を持っています。Ryusukeは2008年から、毎年トルコに訪れているし、Ayumiにとってもこれが3度目です。トルコでコンサートを開くのは私たちにとっては小さな夢でありました。

 .....Here are some photos.

saz kettle

(新しいサズを買いました(実は三本目です…)。もう一枚のはトルコのチャイ(お茶)を湧かすやかん、電気式のものです。) kumru 

(手前はイズミルの名物でクムルという、ハム、チーズ、トマトなどを挟んだサンドイッチ。後ろの物はクンプルと言い、ジャケットポテトに色々な具を入れたものです。おいしかった!)

  cake withKemal 

(Ayumiは滞在中にちょうど誕生日があり、トルコ人の友人の家族とそのご近所さんに祝っていただきました。写真のケーキは友人の母親が焼いてくださったものです。おいしかった!)

 protest-flag 

(イスタンブルのタクシム広場から始まったプロテストは、トルコ中に広がっています。イズミルでは住宅街、レストランなど至る所に、ケマル・アタトゥルクの旗が掲げられているのを見る事が出来ます。このようにプロテストに参加出来ない人々は旗を掲げたり、夜になれば、パンやポットを打ち鳴らして、プロテスターへのサポートを表明しています。)

 protest

(karşıyakaのハイストリートにて。人々が取り囲んでいる中央の木の様なオブジェに、メッセージとプロテストで無くなられた方の写真が貼付けられています。)

No comments:

Post a comment