Pages

3 Mar 2013

UNION CHAPELでのコンサート (THE DAYLIGHT MUSIC)

3月2日、北ロンドンにあるユニオンチャペルで演奏しました。19世紀後期に建てられた美しいゴシック風の教会です。ペンギンカフェ、フィリップグラス、オアシス、坂本龍一さんなどなども演奏している有名な音楽会場だそうです。


  unionchapel

 プログラム:

バッハ: チェロ組曲3番からプレリュード
小嵐龍輔: Walking through a forest (森を通り抜けて)
ポケットペンギン: プレリュード No.1. 3. 4
小嵐龍輔: Çok Güzeller (チョックギュゼレル)

鍵盤ハーモニカ:遠山麻友美
ギター;小嵐龍輔

今回弾いたのは6曲です。1曲目のバッハのプレリュードはアルバム”A Bird Flying over Mountains”に入れた曲で何度か演奏しました。その他の曲はすべて新作でパブリックな場所で弾くのは初めてす。 Walking through a forest というタイトルは曲を書いた後でつけたものですが、曲の印象からつけています。曲がりくねった森の小道を、不意に立ち止まったり、あたりを見回しながら散歩をするようなイメージです。 プレリュード No.1. 3. 4は、ポケットペンギンの最近の興味の中心であり、共同作業で出来た実験的な作品群です。後のブログですこし説明をするかもしれません。Facebookで部分的にリハーサルのビデオ、Soundcloudでプレリュード1番を聞く事が出来ます。 Çok Güzeller(チョックギュゼレル)はリズミックでハッピーなレパートリーの要求に答えて小嵐龍輔が先週作ったばかりの曲です。Çok Güzellerというタイトルはトルコ語で、とても美しい(英語のvery beautiful)という意味の”çok güzel”の三人称複数形です。普通、綺麗なものや女性、おいしい食べ物に対してつかわれます。曲中にBachモチーフ(シb ラドシの音列)が含まれていて、そういう意味ではBachで始まり、Bachで終わったという今回のコンサートでした。

No comments:

Post a comment